詩音乃らん(しおのらん)


「私は近所のイヤらしいオジさんたちの慰みものなんです…」 誰も知らない本当の私… 詩音乃らん

「私は近所のイヤらしいオジさんたちの慰みものなんです...」 誰も知らない本当の私... 詩音乃らん


母を幼い頃に亡くし、父子家庭の娘・らん。だが父は仕事人間でほとんど家にはおらず、独り暮らしのような毎日を送っている。そんならんは妄想癖があり、オジサン達に輪わされるコトを想像して毎日のように自慰行為に耽っている。そんなある日、お裾分けを持ってきた近所の男・正和に寝込みを襲われセックスをする。それをきっかけに正和の家族であるオジサン達にも目を付けられ、淫蕩の日々に堕ちていく……。





Comments are closed