風見渚(かざみなぎさ)


父に汚されていた恋人 風見渚

父に汚されていた恋人 風見渚


学生時代のトラウマを引きずり、男性との交際に二の足を踏んでいた渚だったがようやくできた恋人にプロポーズをされ幸せを噛みしめていた。そんなある日、初めて彼の実家に挨拶に行った日の事…。父子家庭だった彼の父親の顔を見て凍りつく渚。その父親は○校時代に渚の純潔を奪った校長だった。自らの運命を嘆く渚だったが、父親にその時に使用したバイブを差し出され「今晩息子とのセックスでこれを使いなさい」と命令され…。





Comments are closed