あやね遥菜(あやねはるな)


恥辱の教育実習生8 あやね遥菜

恥辱の教育実習生8 あやね遥菜


私は倉田時江。夢だった教師になるための第一歩、教育実習がスタートしました。でも、配属された学校は荒んでいるようで…。教頭先生が庇ってはくれたものの、体育の水木先生が私のことをよく思っていないようなんです…。





Comments are closed