あおば結衣(あおばゆい)


淫乱不貞妻は、昼下がりにカラダを使って男を誘う あおば結衣

淫乱不貞妻は、昼下がりにカラダを使って男を誘う あおば結衣


夫に仕込まれたテクニックを、今はカメラの前で他人棒に使っている結婚3年目の幼な妻・結衣。彼女から男の唇、乳首、ペニスへとご奉仕をすると肉壺から愛液を滴らせ、男の肉棒の挿入をひたすら待つ。焦らされた女性器はめくれ上がるほど広がるが、その穴を押し広げるほどの巨根でガン突きすれば、堰を切ったかのように大きな声で喘いでしまう。白い柔肌は興奮に赤く染まるとハメ潮を何度も噴き、夫に謝りながらも絶頂し、種付け性交を懇願してしまうのだった…。





Comments are closed